EDでもシアリスがあればバレずに旅行できる

EDでもシアリスがあればバレずに旅行できる

勃起がうまく行かなかったり、勃起しても途中で萎えてしまったり、そんな状態をEDと言います。
でもシアリスというED治療薬を使えば、パートナーにバレないで旅行だってできるかもしれません。

ED治療薬といえばもっと有名な薬がありますが、こちらは即効性がある一方、空腹時であれば性行為の30分前くらいに服用しておかなければならないのです。
第2のED治療薬と言われる薬は即効性がウリだけに15分から20分前です。
いい雰囲気になってベッドに、というときに慌てて薬を服用しているのであればバレないわけがありません。

一方のシアリスは、継続性の長さが特徴となる薬です。
10mg服用により20から24時間、20mgであれば30から36時間もの間、効果が続きます。
旅行に行く日の朝、服用していって、その日の夜に旅館で二人で楽しみ、更には翌日の朝まで効果が続く、そんな薬だからこそおすすめなのです。
シアリスは海外では「ウィークエンドピル」なんて呼ばれていたりもします。
ウィークエンドを旅行にセックスにと充実して過ごすようにしてみましょう。

シアリスの有効成分はタダラフィルです。
これがPDE-5という酵素の働きを阻害して、勃起が萎えてしまうのを抑えてくれるのです。
このあたりの仕組みは他のED治療薬となんら変わりません。
ただし、タダラフィルの分子構造によって、とにかく体内に吸収されるまでの時間が長いことから、このような特徴が生まれているのです。

場合によっては、突然にいい感じになってとにかく早く効果を得たいという場面もあるかもしれません。
そういったときには即効性を売りにする薬が有効です。
ただ、パートナーと旅行を楽しむことになっていたり、週末にお泊りすることになっていたり、そんな長期戦が予想されるときには、早めにシアリスを服用しておくと安心です。
ゆっくりと効果をもたらすシアリスですから、服用してから効果を最大限発揮するまでには3時間程度もかかります。
計画的な服用をおすすめします。

ただ、効果は長いにも関わらず薬価は10mg1800円程度、これは他の薬にはない安さです。

シアリスの副作用と併用禁忌薬について

第1・第2のED治療薬というのは、効果がガツンと来る反面、どちらも服用者の9割以上に副作用が現れます。
主な副作用としては、血管が拡張されることで顔の火照りや目の充血・動悸・鼻づまりといった症状です。
それほど強い症状でもなく、効果が薄れていくにつれて副作用の症状も薄れていくため、心配する必要はないのですが、決してありがたいとはいえない症状です。
場合によっては頭痛薬を併用しなければならないほどの痛みが出ることもあり、性行為に集中しにくくなることもあるでしょう。

一方、シアリスは効果が緩やかな分、副作用も少なく、服用者の3割程度です。
副作用に悩まされることなくED治療薬を利用したいというのであれば、まずはシアリスを考えてみましょう。

ただし、シアリスも用法用量を守って正しく使用しないと重篤な副作用をもたらさないとは限りません。
併用禁忌の薬もあるため、もしも服用中の常備薬があるのであれば医師に相談してください。

併用禁忌の薬としては、ニトログリセリンやアデムパム錠などがあります。
ニトログリセリンは狭心症など心臓の病気に用いられるもので、その中の成分、硝酸剤に血圧を低下させる効果があり、シアリスと掛け合わせることで急激に血圧が下がり、ショック状態で命を落とす危険さえあります。
アデムパム錠は慢性血栓塞栓性肺高血圧症の薬です。
こちらは症候性低血圧症を引き起こす恐れもあります。
硝酸剤は飲み薬だけでなくスプレーや貼り薬も危険です。

シアリスは、じわじわと効く薬だけに、その効果を実感しにくい方もいるでしょう。
とはいえ、薬価も安いしと過剰摂取することは危険です。
薬の効果を上げるどころか副作用をひどくするするだけです。