バイアグラのジェネリックは安い!

バイアグラのジェネリックは安い!

バイアグラのジェネリック医薬品には錠剤タイプの他にフィルムタイプや発泡錠タイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプなど様々な種類があります。
日本国内で承認されているバイアグラの錠剤は25mgと50mgですが、海外では100mgの錠剤も流通しています。
ジェネリック医薬品だけでなく、バイアグラも個人輸入できます。
通販サイトで個人輸入可能なジェネリック医薬品の多くは、バイアグラと同じ有効成分が50mgか100mg含まれています。

病院でバイアグラの処方を受ける場合の1錠あたりの薬価は25mgが約1300円で、50mgは約1500円です。
バイアグラは日本国内でもジェネリック医薬品が製造されています。
国産ジェネリック医薬品は50mgの錠剤で、1錠あたりの薬価は約1000円です。
バイアグラを個人輸入する場合には、50mgが1錠あたり約1350円、100mgは約1450円になります。
外国産のジェネリック医薬品は、錠剤タイプであれば50mgも100mgも1錠あたり約450円で購入できます。

バイアグラの外国産ジェネリック医薬品は主にインドの製薬会社が製造しており、薬価が非常に安いのが特徴です。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許は認められていません。
製法を変更すれば安いジェネリック医薬品を自由に製造できます。
インドの製薬会社はインド政府から承認を受けてジェネリック医薬品の製造を行なっているため、安全性も優れています。

バイアグラを病院で処方してもらう場合には高額な費用が必要です。
しかしインド製のジェネリック医薬品を使用すれば、費用が大幅に下がります。
費用を抑えて継続的にED治療を行なうことができます。
バイアグラのジェネリック医薬品は薬価が安いだけでなく種類が豊富です。
錠剤タイプだけでなくフィルムタイプや発泡錠タイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプなどが存在します。
中には早漏を防止する成分を含むものもあります。
豊富な種類の中から自分に合ったものを選択することができます。

ネットだとバイアグラのジェネリック種類が豊富

日本国内で承認を受けていない医薬品を輸入・販売することは、法律で禁止されています。
しかし海外の医薬品を個人輸入するのは合法です。
また個人輸入の手続を代行することも合法的に行なうことができます。
インターネット上には海外からの医薬品の個人輸入を代行する通販サイトが多数存在します。
通販サイトでは海外の医薬品を直接的に輸入・販売しているのではなく、個人輸入の手続を代行しているだけなので合法です。
安心してバイアグラのジェネリック医薬品を購入できます。

インターネット上の通販サイトでは豊富な種類のジェネリック医薬品が扱われています。
先発医薬品であるバイアグラは錠剤タイプですが、ジェネリック医薬品にはフィルムタイプや発泡錠タイプ、ゼリータイプ、チュアブルタイプなどがあります。
ゼリータイプやチュアブルタイプは味が付いており、飲みやすいのが特徴です。
日本国内で処方を受けることができるバイアグラは25mgか50mgですが、インド製のジェネリック医薬品は50mgか100mgになります。
用量が多いほど強い効果を期待できます。

錠剤タイプは性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。
発泡錠タイプは水に溶かして服用します。
フィルムタイプは舌の上で溶かすだけで有効成分が体内に吸収されます。
ゼリータイプは味が付いており、体内での吸収が早いという特徴があります。
チュアブルタイプは噛み砕いたり唾液で溶かして服用します。
フィルムタイプとゼリータイプ、チュアブルタイプは水がなくても服用できます。

バイアグラのジェネリック医薬品は種類が豊富です。
錠剤が苦手な場合でも他のタイプを選んでEDを治療できます。
またインド製のジェネリック医薬品は薬価も安いため、継続的にED治療を行なっても経済的な負担が少なくて済みます。