ネットでのバイアグラ購入に注意すること

ネットでのバイアグラ購入に注意すること

バイアグラは即効性があり、服用すると約30分でペニスが勃起するようになります。
短時間で強力にペニスを勃起させる効果があることから、多くの愛用者が存在します。
日本国内では25mgと50mgの錠剤が承認されています。
また50mgの国産ジェネリック医薬品もあります。
海外では100mgのバイアグラも流通していますが、日本では未承認です。
ネット通販サイト利用すれば100mgのバイアグラを個人輸入できます。

バイアグラには外国産の安いジェネリック医薬品も多数存在します。
外国産ジェネリック医薬品は主にインドで製造されています。
ネット通販を利用すれば、バイアグラだけでなく他にも安いジェネリック医薬品も購入できます。
インドでは製法特許が認められていますが、成分特許が認められていません。
同じ成分を含んでいても、製法が異なれば自由に医薬品を製造できます。
ジェネリック医薬品は開発や製造のコストが安いため、販売価格も非常に安価です。

日本国内で流通しているバイアグラの価格は、25mgの錠剤が1錠あたり約1300円で50mgは約1500円になります。
ネット通販サイトを利用する場合には50mgの錠剤が1錠あたり約1350円、100mgは約1450円で購入できます。
またジェネリック医薬品であれば、50mgや100mgの錠剤が1錠あたり約500円で購入可能です。
海外からバイアグラやジェネリック医薬品を個人輸入すると、少ないコストでED治療ができます。
ただしバイアグラは世界的に人気があり、偽物も流通しているので注意が必要です。

安心してバイアグラやジェネリック医薬品を個人輸入するには、悪徳業者を避けて信頼性の高いネット通販サイトを選ぶ必要があります。
悪徳業者と信頼性の高いネット通販サイトの見分け方としては、まず特定商取引法に基づく表示がされているかどうかを確認します。
またサイトの日本語表示や、他の利用者による評価なども重要です。

バイアグラの偽物服用で体に出る症状とは

バイアグラやジェネリック医薬品は世界的に多くの愛用者存在します。
そのため偽物も多数流通しているのが現状です。
ジェネリック医薬品は、主にインドの製薬会社がインド政府の許可を受けて製造しています。
インド製のジェネリック医薬品であれば、少ないコストで安心してED治療ができます。
一方バイアグラやジェネリック医薬品の偽物の多くは中国などで製造されています。
ネット通販サイトで注文する際には発行国がインドやシンガポールになっているかどうかを確認する必要があります。

本物のバイアグラやジェネリック医薬品を扱う信頼性の高いネット通販サイトでは、主な発送国がインドかシンガポールになっています。
それ以外の国から発送されている場合には偽物の可能性が高くなるので注意が必要です。
ネット通販サイトの多くでは、利用者からの評価を投稿できるようになっています。
他の利用者による評価を参考にするのが効果的です。
また試しに自分で医薬品を注文してみるという方法も考えられます。

自分で商品を注文して本物の医薬品が届けば、その後も継続的に利用できます。
バイアグラやジェネリック医薬品は、外観から本物かどうかを判断するのが難しい場合があります。
外観から判断できない場合には、水に入れて様子を見るという見分け方が有効です。
バイアグラは水溶性なので、水に入れると1分30秒ほどで溶け始めます。
10分経過しても溶けていない場合には偽物と判断できます。
偽物には正体不明の成分が含まれている場合があり、服用すると思わぬ健康被害をもたらす可能性があります。

本物のバイアグラには軽いめまいや頭痛などの副作用が存在します。
基本的に副作用は軽いので問題はありません。
しかし偽物には有効成分が入っておらず効果がない場合やよく分からない成分が入っている場合、劣悪な衛生環境で製造されている場合などがあります。
副作用が強くなったり、吐き気や嘔吐など様々な症状が現れる可能性があるので注意が必要です。