病院でのバイアグラ購入について

病院でのバイアグラ購入について

バイアグラは、男性器であるペニスの勃起がしやすくなるようにするお薬です。
1998年にアメリカで発売されると日本でも未承認であるにもかかわらず輸入によって盛んに流入しましたが、当時は正しい使い方に関する知識が広まっておらず、特に併用禁忌薬との併用により死亡に至るケースもあって、1999年に処方箋医薬品として承認されており、現在では病院やクリニックでバイアグラを購入することができるようになっています。

バイアグラの効果・作用について

バイアグラの効果は男性器の勃起不全を適応症としているもので、勃起不全や勃起を維持することができないなどのEDの症状を改善することを目的とした薬です。
あくまでも体質的に勃起をしやすいようにするといったものですから、バイアグラそのものに性欲を高めるといった効果はありません。
ただ性欲というものは考え方によって現れるものですから、バイアグラを服用することで性欲が起きるプラセボ効果は期待できます。
しかし、いずれにしてもあくまでも効果としてはペニスを勃起をしやすくするというものです。

バイアグラの作用を知るには勃起のメカニズムを知る必要があります。
勃起は、海綿体平滑筋が弛緩することによって海綿体に血液が流入し、それが溜まることで起きます。
つまり勃起はペニスが充血した状態ですが、一方で過度に充血しすぎるとペニスへの負担が大きくなるため勃起が起きている状態では同時に勃起を収めようとする作用が働いています。
専門的には海綿体平滑筋には一酸化窒素(NO)を神経伝達物質とするNO神経があり、性的刺激を受けるとNOを遊離させます。
NOは平滑筋細胞内でグアニル酸シクラーゼを活性化させ、サイクリックGMP(cGMP)を増加させることによって平滑筋が弛緩し、これによって血液がペニスに送られこれによって勃起が起こる仕組みです。
その一方でペニスへ血液が流入し続けることは負担がかかりますからcGMPを分解するホスホジエステラーゼ(PDE)の5型が働き濃度を調整しています。
バイアグラはこのPDE-5型の働きを阻害することによって男性器の勃起をしやすくするというものです。

つまり、バイアグラの働きはペニスの勃起を鎮めようとする酵素の働きを邪魔することによって勃起を維持するというもので、服用することで力強い勃起を維持することができます。
ただし性的な刺激を受けることが前提条件になりますし、バイアグラを服用しても体力が増すわけではありませんから精液の量や精子の質の改善といった効果はありません。
このため勃起はしてもなかなか射精に至れないケースもありますし、反対に敏感になったペニスの影響で、いつもよりはやく射精に至ってしまうこともあります。
このようなことから、バイアグラはあくまでもペニスの勃起をサポートするための薬として使われています。

バイアグラの副作用で多いのは頭痛

バイアグラは男性器の勃起を促すといった意味では効果的な薬で、また錠剤を服用するだけで効果が発現するので、たいへん手軽です。
しかし、手軽で効果がある薬ですが、その一方で副作用のリスクも高く日本では病院やクリニックなどで医師が診察し、処方箋を書いてもらわなければ手に入れることができない薬となっています。
バイアグラの副作用としてもっとも報告されているのが、頭痛、めまい、顔のほてりなどで、これらはバイアグラの働きに起因するものです。
バイアグラの働きそのものは血行を良くするというもので、海綿体平滑筋が弛緩するように血管が拡張することによって副作用が起こります。
このため血管系作用のある薬として服用することが大事です。

頭痛は血管拡張性の頭痛ですから市販の頭痛薬と併用することで症状を抑えることができます。
ただ軽度な頭痛から重度な頭痛まで人によって現れる症状は変わってきますし、あまりにも重たい場合には使用を中止するか使用する量を減らすといった対応を行うことが大切です。
一方でめまいも血管拡張による血圧の低下が考えられ、またほてりは血液のめぐりがよくなかったことが原因で、このほか、血管系作用による副作用としては鼻づまり、鼻血、消化管が充血することによる消化不良が胃痛などが起こる可能性があります。
これらの症状は成分が身体から抜ければもとの状態に戻りますが、注意しなければならないのが狭心症など心臓病や循環器系に問題を抱えている場合です。

バイアグラの併用禁忌薬には心狭心症など心臓病治療に使われる亜硝酸剤があり、同時に服用することで全身の血管が弛緩して血圧を降下させます。
ある程度の血圧が保たれていれば成分が抜ければもとの状態になりますが、過剰な血圧降下や心臓の働きが弱まることによって重篤な有害作用が発生しますし、特にバイアグラでの死亡事故の原因はこの併用禁忌薬によるものですから、使用する前には十分に注意する必要があるものです。

病院やクリニックでの購入では、これら過去の症例から問題がないかを問診で確かめてから処方が行われます。
このため健康な人であれば、問題なく処方してくれますが健康がすぐれない場合や循環器系に問題があるといった場合には処方されないこともあるため、あくまでもバイアグラは健康な人が服用する薬です。

もともとは狭心症の治療薬と開発された

バイアグラは最初から男性の勃起不全を治療するための薬として開発されたわけではありません。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは最初は狭心症の薬として1980年代から開発がスタートしたものです。
そもそも狭心症は冠動脈が狭まることによって、心臓を動かすための血液が不足する心筋虚血になることです。
心臓を動かす血液が不足すると心臓の働きが低下し、さらに心臓からの血液の送り出しが弱まると身体全体が必要とする酸素や栄養素などが行き渡らなくなります。
狭心症でも一時的な機能低下であれば回復することも出来ますが、血液不足が解消せずに心臓の機能が低下し続けた場合には、やがて死に至ります。
この症状を改善するためには血管を拡張させる必要があり、シルデナフィルはその目的を達成するために開発されたものです。

しかし、シルデナフィルの狭心症に対する効果は今ひとつであり、このためシルデナフィルは狭心症薬として発売されていません。
その一方でシルデナフィルの臨床試験中に被験者たちに勃起を促す副作用が現れ、このことから勃起の副作用を研究し勃起不全や勃起障害を治療する目的の薬として開発され発売されたのがバイアグラです。
このような経緯から従来の狭心症に使われる薬と併用すると強く作用が出過ぎるため、心臓病の薬とは併用禁忌となっていますし、もともと心臓が悪い人は服用してはいけません。

一方でバイアグラは1998年にアメリカで販売承認され日本にも盛んに輸入されましたが、狭心症薬との併用による事故が多数発生したこともあって、1999年には日本での販売承認された薬としても知られています。
ただし承認されたといっても日本国内での販売が認められただけであり自由診療であるため費用はすべて自己負担です。
自己負担といってもバイアグラの薬価はとびきり高価な薬というわけではなく1錠あたり1500円が相場で販売されています。
なお、日本での承認は50mgまでで、一般的には25mgで十分な効果があるとされています。
このため50mgのものを半分に割って服用すれば費用を半分にすることができます。
また近年はシルデナフィルとED治療薬としての特許が切れたことからジェネリックも販売されており、薬価も下がっており以前と比べて手に入れやすい薬となっています。